Powered by Radar Relay
Powered by Radar
Wallet2Wallet.io

中央集権型の取引所は公平性を確保するように形作られていますが、新しいリスクを持ち込み、取引する人々の自治権を損ないます。ウォレットからウォレット、それは中央集権型の取引所を回避する新しい取引の方法です。

信頼の塊、資産の番人
中央集権型取引所

信頼、それは手入れの行き届いた記録

現代の取引において、全てはデジタルです。 世界中の資産の移動は、データベースに取引を記録する機関に依存しています。これが取引所の役割です。 取引に参加する人々や組織の正当性の確認、彼らが取引するものの定義、誰が正当な所有権を保持しているのかを決定すること、そうしたことを仲買人が行う必要が出てきました。 この中央集権的なモデルの取引所は、すべての取引の中心に存在する権威として振る舞います。 元々は、複雑な取引のシステムを作る過程で出来た道具にもかかわらず、不釣り合いに大きなの影響と支配権を振りかざす組織に依存するシステムとなってしまっています。

トレードオフと信頼
クローズドなシステム

中央集権はコストと共に

中央集権型の取引所は個人情報と取引履歴を一箇所で処理しているため、単一障害点となります。 メンテナンス、不正行為、そして外部からの攻撃は資産の凍結を招き、取引の停止を引き起こします。 実体のない資産、特に暗号資産では、このことは投資が全て無に帰すことを意味します。 何故でしょうか?何故なら、暗号資産においては、管理の記録を手渡すことが、そのまま資産を手渡すことを意味するからです。 さらに、取引所へのアクセスは排他的かつ地理的条件の制約を受けます。 この結果、参加に制約のある、バラバラに分断されたマーケットが出来上がります。 トレーダーが多様な流動性を見つけるためには、取引所から取引所へ預けたり引き出したり、個人情報を次から次へと登録する必要があります。 その全てに手数料や待ち時間、エラーのリスク、無駄な資産の減少が発生します。これまで、この中央集権型のモデルは唯一の選択肢でした。

切り離される取引所
新しいモデル

解体された取引所

ブロックチェーンの技術は記録の保管という役割を自動化し、ネットワーク全体に分散します。 取引相手や取引履歴、資産の所有権の正当性確認は中央の権威を通じてではなく、暗号化された、独立した主体によって行われます。 この権威の必要性がなければ、取引所が遂行するすべての役割は解体することが出来ます。 オーダーブック、取引相手の正当性確認、取引のメカニズム、トレードを行うためのインターフェース、そして資産の所有権は自由に別々の主体となるのです。

解体された取引所

伝統の破壊

要素を分解することで、伝統的な取引所を構成する為に必要な役割は独立したアプリケーションのネットワークとなり、全く異なった構成となります。 デジタル資産はブロックチェーン上に保管され、常にアクセス可能になります。つまり、システム全体として、保管の概念はありません。

ブロックチェーン

イーサリアム ブロックチェーンが取引相手、所有権、資産の正当性を確認します。

リレーヤー

Radarのようなリレーヤーが注文の媒介、保存を行います。

プロトコル

0x プロトコルは資産の移動を行います。

ウォレット

のようなウォレットが、個人がブロックチェーン上に暗号化された自らの資産にアクセスできるようにします。

“Exchange” という単語は、”取引する”を意味する動詞であって、”取引所”を意味する名詞ではない
ウォレットからウォレットへ

“Exchange” という単語は、”取引する”を意味する動詞であって、”取引所”を意味する名詞ではない

このパラダイムシフトによって、”exchange” という言葉は場所を意味する言葉ではなくなりました。 デジタル資産は直接、取引相手から取引相手へと移動するようになります。 そして間に挟まるアプリケーションは、取引の為に資産を送信しなければならない宛先ではなく、大規模なネットワークの中で取引が流れる管の役割を果たすようになるのです。 資産は所有者がアクセス可能なまま、流動性は無制限、参加は制限されることがなく、個人情報は意思に基づいて共有されます。 複数の取引所に資産を出し入れする必要はありません。ウォレットをネットワークに接続し、取引を開始するだけで良いのです。 初めて、世界規模での複雑なピア・ツー・ピア取引が可能になったのです。 ようこそ、次世代の取引へ。

Radar Relay

取引所を脱出しよう。“ウォレットからウォレット”の取引を始めよう。Radar Relayで。

Open App